こんにちは!スタッフの木村です。
お盆を過ぎてもまだまだ暑い日が続いていますが皆様体調など崩されていませんでしょうか。
こうも暑い日が続くと、熱中症予防としてスポーツドリンクや清涼飲料水などを飲む機会が増えたという方もいらっしゃると思いますが、それらの飲み物には酸蝕症や虫歯の原因となる酸や糖分が多く含まれているので注意が必要です。
酸蝕症とは、酸によって歯が溶ける症状のことを言います。この酸蝕症や虫歯は、舌側よりも唇や頬側でよく起こります。それは舌側は舌がよく動き唾液が多く分泌されることで糖分や酸性成分を洗い流されるのに対して、唇や頬側は唾液が少なく酸性成分や糖分が歯の表面に残りやすいためとされています。
この酸蝕症や虫歯を防ぐ簡単な方法として、歯磨きはもちろんですが、ぶくぶくうがいも効果的です。頬を大きく動かすぶくぶくうがいにより、歯の表面に残った酸性成分や糖分を洗い流すことができます。
水分補給をしっかり行ったあとは、ぜひうがいをすることも意識してみてください。

Comments are closed.

診療日のご案内